アレグラは服用後も眠くなりにくい薬

アレグラを服用したいが副作用の眠気が気になる男性 アレグラは花粉症やアレルギー症状を抑えるための飲み薬で、フェキソフェナジンを有効成分にした第二世代の抗ヒスタミン薬となります。この抗ヒスタミン薬はアレグラだけでなく、他のどの飲み薬においても副作用として眠気が発生するようになっています。アレルギーという観点では厄介者にされるヒスタミンですが、脳内では脳を活性化させるという重要な役割を担っているため、抗ヒスタミン薬を服用してヒスタミンの働きを阻害すると、脳内のヒスタミンの作用さえ阻害してしまいます。結果的に活性化されるはずの脳が鎮静化してしまい、判断力や思考力が低下してしまい眠気に似た状態を引き起こします。現在では第二世代の抗ヒスタミン薬が主流ですが、第一世代では脳に到達しやすい薬剤を使用していました。そのため、花粉症やアレルギーに対しての抑制力がありましたが、強力な眠気を引き起こす副作用が問題視されたのです。そこで、光学異性体によって副作用の部分を取り除き、良い効果だけを残したものを第二世代の抗ヒスタミン薬として開発されます。薬剤が脳内に到達するためには血液脳関門を通る必要があるのですが、分子量を大きくして通過しにくいように改良され、特に眠気を引き起こしにくいように開発されたのがアレグラです。この副作用の少なさは使用者にとって便利な薬となるため、当初は医療用として病院が処方していましたが、現在はスイッチOTCとしてドラッグストアなどでも市販薬として販売されています。ただし、抗ヒスタミン薬というものは副作用が少なくなると、効果も弱まる傾向にあるようです。アレグラも副作用が少なく眠くなりにくい薬となっていますが、その分だけ効果も薄くなっているので、人によってはほとんど効果がないこともあるようです。

アレグラは小児が使っても大丈夫?

アレグラを小児が使っても大丈夫なのか不安を覚える女性 花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚のかゆみなどを抑えるための抗ヒスタミン薬として、フェキソフェナジンを有効成分にしたアレグラがあります。このアレグラは強い抗ヒスタミン薬とはなっておらず、眠気や頭痛、めまい、喉の渇きなど問題とされてきた副作用が比較的少なく、安全に使用できることから病院での処方以外にも、近所のドラッグストアや薬局などで購入できるようにスイッチOTCとして販売されています。しかし、市販薬として販売されるアレグラはフェキソフェナジンを60mgで配合されていて、15歳以上からしか服用することはできません。しかし、病院での処方に限れば12歳からの小児でも使用することができ、さらに薬剤師によって容量を下げた30mgでは2歳以上7歳未満からでも使用することが可能です。加えて15mgまで減らしたものは6ヶ月以上の幼児からでも適用するので、生まれたばかりの子供でもアレルギーに対する対処法として使用することができます。通常は有効成分が一定の体重を超える場合には、適用量を超えた服用をすると効果が強すぎて副作用が発生しやすくなります。つまり15歳以上が適用となる市販薬を12歳の子供、またはそれ以下の年齢の子供に使用すると何らかのトラブルを起こす原因となるので、間違っても使用しないようにしましょう。市販薬は用法用量を守れば安全に利用することができますが、注意を怠って小さい子供に飲ませてしまうと大変な結果を招くおそれがあります。市販薬だから安全とは考えず、注意事項に書かれた内容を理解して、対象年齢を無視した使用は大変危険です。生まれたばかりの子供や、12歳よりも下の年代であれば、病院で診察を受けたあとに必要な抗ヒスタミン薬を処方してもらえるので、医師の指導に従った使用するようにしましょう。

関連記事