スギ花粉の皮膚のかゆみにアレグラと塗り薬

 アレグラが効果を発揮するスギ花粉の画像
毎年春になると花粉症に悩まされる人も多いのではないでしょうか。年々花粉症患者は増え続け、今や国民病と言われています。春の花粉症の原因は主にスギ花粉であり、日本全国にたくさんあるスギ林も問題になってきています。
 花粉症は、目のかゆみや鼻汁、くしゃみ、体やのどの赤みなどさまざまな症状が出ます。風邪のひき始めに症状が似ている場合もあり、初めて花粉症になった人は風邪と間違える場合もあります。
 しかし花粉症の大きな特徴として、良く知られたくしゃみや鼻水以外に顔や体にアレルギー反応が出て肌にかゆみや湿疹を引き起こすことがあります。一般的な治療法としては、アレグラなどの抗アレルギー剤を使うのが基本になります。現在さまざまな種類の抗アレルギー剤がありますが、アレグラは眠気などの副作用が少なく効果も高いので、花粉症の時期になると非常によく医療機関で処方される抗アレルギー剤です。アレグラは肌のかゆみや湿疹を抑える効果もあります。子供用のアレグラの錠剤、粉薬もあるので小さな子供にも使うことができます。
 ただ、なかなか引かない肌のかゆみや赤み、湿疹などにはステロイド外用薬などを中心として塗り薬を併用することをおすすめします。肌に塗布することで、アレルギー反応による肌のかゆみや湿疹を直接抑えることが期待できます。使う塗り薬については、症状によって使うべきステロイドの強さのランクが変わってくるので自分で判断できない場合は医療機関に行って医師に相談するか、ドラッグストアで薬剤師に相談してみるとよいでしょう。ステロイドの強さのランクの合わない薬を使っても、効果が出なかったり副作用が起きることがあるので注意が必要です。

関連記事