ブタクサ花粉の症状の緩和を図る方法としてアレグラを

花粉症には、さまざまな種類のものがあります。
最も有名なものはスギ花粉です。
スギの季節の次には、ヒノキがやってきます。
スギ花粉に反応する人はヒノキ花粉にも反応しやすい傾向があります。
そのパーセンテージは約70%と言われています。
ほかにも、シラカンバ、コナラなどの樹木の花粉も、アレルギー症状を引き起こす人が多いです。
樹木だけでなく、草本系の花粉もアレルギー反応を生じさせます。
イネ科やキク科、ブタクサ属など、一般的に雑草と呼ばれている草の花粉です。
草本植物は背が低いこともあって、花粉は数10m程度しか飛散しません。
ですから、その草が茂っている場所に近づかないようにすれば、花粉は避けやすいこととなります。
特にブタクサは、秋の花粉症の代表的存在です。
日本全国の至るところで広く見られますが、関東圏で最も多いです。
また、ブタクサは第二次世界大戦後に、米国から日本にやってきた植物であると言われています。
ブタクサ花粉飛散のピークは、9月から10月です。
11月ともなると、徐々に減っていきます。
ブタクサの花粉は非常に小さいこともあって、吸い込んだら、喉の奥のほうまで行ってしまいます。
そして、咳がずっと続く、声がかれる、などといった症状が出てきやすくなります。
ブタクサに限らず、花粉症による症状を軽減する方法としては、治療薬の服用が最も効果が期待できます。
アレグラですと、かつての抗ヒスタミン薬と違って眠気もあまり出てきませんので、仕事ができなくなることもありません。
また、妊娠中期以降の妊婦には処方している医師がいるほど、案z年生の高い薬でもあります。
そのような経緯で、今では、花粉症治療にあたっては、アレグラが積極的に使用されています。

関連記事