大麦もアレルギーに、コラーゲンを摂取してアレグラを

いまや、日本人の4人に一人が花粉症に悩まされるという時代になりました。
そんなに広まった花粉症ですが、原因となるのはスギやヒノキだけではありせん。
イネ科の草も、アレルギーを起こす花粉を飛散させる種類が多いのです。
大麦もその一つです。
大麦は小麦と同じで、アレルギー物質であるグルテンが含まれていますので、小麦にアレルギーを持っている人は摂取は控えたほうが好ましいです。
大麦は、茶やビールなどの飲料用商品に広く使われています。
なお、交感神経が過敏な人も大麦の摂取には慎重であるべきです。
まれではありますが、大麦を使ったビールや茶でアナフィラキシーショックを起こす事例も報告されています。
花粉症対策として、さまざまな手法がとられていますが、コラーゲンも効果が期待される有力な候補の一つです。
花粉症発症は、本当は人体に無害であるはずの花粉に対して、体が過剰にブロックをかけてしまうことに原因があります。
それが鼻づまりやクシャミ、目のかゆみを起こしているのです。
ですから、花粉による不快な症状を防ぐためには、花粉が飛んできても体内に入れないようにすることが重要になってきます。
それは、取りも直さず、目や鼻の粘膜を鍛えることを意味します。
粘膜はコラーゲンからできています。
コラーゲンは、鉄とタンパク質、ビタミンCを材料として、体内で作られます。
これらの栄養分をしっかり摂取することが、花粉症の予防につながるのです。
もちろん、一朝一夕にできることではありません。
すぐにでも花粉症を緩和させたいというときは、アレグラを服用するのが最も効果的です。
病院で医師から処方してもらえますし、また、薬剤師がいるドラッグストアでは、アレグラFXの商品名で販売されています。

関連記事